住宅建設白書【解体工事やアスファルト舗装はプロにおまかせ】

工事

どこで行うか

舗装

アスファルト舗装はアスファルトの整備には欠かせません。そのため、企業にとっては、ひとつの環境や業績に関わってくることもあります。だからこそ、より信頼のおけるアスファルト舗装業者に依頼することが大切です。

大規模な工事

工事

大規模修繕は、そのオフィスやビルには欠かせないことです。大規模修繕を行うことで、オフィスの雰囲気にも関わってきます。より信頼のおける業者を選ぶことが大切です。省エネシステムの設置も確認するといいでしょう。

住宅の安全性

耐震補強を扱う人たち

工事

西の地方で起きた1995年の大震災や2011年の大震災を経験すると、耐震補強の重要性がわかります。 耐震補強と言っても最近建てられた家に関してはそれなりに耐震性は優れた技術を使っています。ところが今から30年以上前には耐震性に関しての法律がまだゆるく、耐震性についてあまり議論もされておらず今一つ関心が薄い時代があったのです。 例えば中古住宅を購入した場合など、耐震補強はとてもだいじになります。 耐震補強工事をしてもらうにはハウスメーカーにお願いする方法と工務店にお願いする方法があります。ハウスメーカーは経験が豊富ですが、実際に作業をするのは下請けの業者です。一方、工務店は地域密着型が多く割と細かい要望を聞いてくれます。ただ、経験値は一般的にハウスメーカーのほうが上です。また解体工事やアスファルト舗装も、経験豊富な専門業者に依頼しましょう。

補強をする場合のポイント

木造住宅の耐震補強をするとなるといくつか方法があります。それは縦揺れに対する補強と横揺れに対する補強です。壁を耐力壁にするなどの簡単な工事や柱の接合部分に金属の鉄板を釘で打ち付ける方法などがあります。 特に後者は重要で、地震の時に家が倒壊する原因の一つとして柱が横揺れで外れてしまうことです。そこで、柱同士の結合をしっかりとすることで横揺れにも耐えられる住宅になります。 また接合接着材を付けて柱同士を固定するやり方もあります。どちらがいいかは好みの問題になるでしょう。 あと、意外と怖いのが、家の基礎と柱が分離してしまうことです。これは家を建て終わった後から工事すると床などを外さなければいけないため少しお金はかかりますが、効果は十分発揮するでしょう。

業者の見つけ方

工事

解体工事を行う際は、その依頼ができるところを見つける必要があります。企業のオフィスだからこそ、周りに迷惑にならないよう解体する必要があります。まとめサイトの情報を参考に選ぶのも一つの方法です。